車やバイクの免許をとる時、多くの人は教習所に通って座学と実技を学んで免許を取得します。


それ以外の取得方法だと自分で勉強して免許センターで試験を受ける方法や合宿で免許を取得する方法があります。費用や時間を抑えられるのは免許センターでの試験を受けることです。



これならば勉強時間は自分の生活リズムに合わせることができ、教習所の予約などをする手間も省けます。

実技についても、数は少ないながら決められた条件を守れば試験受験者向けに練習場を貸している教習所もあるのでここで練習することも可能です。

しかし、あくまで独学がメインになるため初めて免許を取得するなら教習所がいいけど、時間や費用を抑えたいという人におすすめしたいのが合宿免許なのです。



合宿免許とは名前の通り、免許をとるための合宿のことで2週間ほどの日程で執り行うことが多いです。

また夏は避暑地、冬は温泉地など過ごしやすい地域が多く紹介されているため、自分の行ってみたい土地での合宿に参加するという選び方もあります。

合宿免許は2週間という短期間で座学と実技を学べるので、長期休み中の学生や社会人などが多いです。友達と参加している人も多いですが、最近では一人で参加している人も多いですし、自分たちで食事を用意する合宿の場合、他の参加者と仲良くなることもできます。

魅力の高い合宿免許の詳細についてはこちらです。

期間中に免許を取得できなかった場合は追加料金を払って延長することもできますし、あまり気負うことなく参加することができます。

Copyright (C) 2016 合宿免許のメリットとは All Rights Reserved.