合宿免許は費用が安い、卒業までの期間が短いなど、メリットだけが強調されがちですが、後から後悔することにないように、デメリットもしっかり押さえておく必要があります。

まず一つ目に、時間的な拘束が多いということです。スケジュールが予め組まれており、それに従わなければなりません。

通学のように、急な用事ができたからキャンセルしたいということができません。



自由時間はありますが、基本的にはスケジュールどおりに動いていくことになります。そのために、合宿免許は大学生のように、夏休みや春休みなど長期の休みがある人や、特定の仕事をしておらず時間的に余裕がある人に限られ、学期中や仕事をしている人は、なかなか参加したくてもできな仕組みになっています。



二つ目に、合宿免許は家から遠く離れた知らない土地で、2週間過ごすことになります。

そのためにホームシックになったり、慣れない環境のために困難を覚えることもあります。



また、他の参加者もいるので、人付き合いが苦手な人もあまり向いていないかもしれません。

そのため合宿免許は、仲の良い友達と一緒に参加するのが良いでしょう。
友達と一緒なら楽しく、また励ましあいながら合宿を続けていくことができます。

三つ目に、合宿免許を卒業してもまだ学科の試験が残っています。
これは通学の場合も同様ですが、学科は地元(住民票があるところ)に戻ってから受けることになるので、少し間が開いてしまったり、モチベーションが途切れてしまったりすることがあるので注意が必要です。


Copyright (C) 2016 合宿免許のデメリットも知っておこう All Rights Reserved.